ふさふさとした髪の毛が生える|髪にいい食べ物は何か?

昆布

昔から髪にいい食べ物といわれる「ひじき」「昆布」「海藻」は果たして髪の毛にいいのでしょうか。

薄毛やはげに悩んでいる方は、ふさふさの髪の毛を取り戻したいでしょう。

どうやったら昔のように健康な髪の毛が生えてくるのでしょうか。髪が生える食べ物に注目してみました。

ひじき・昆布・海藻類は髪が生えるのか

これらは「髪にいい食べ物」の代表として昔からいわれています。

毛髪の成長を促したり、髪を黒くするとされていますが、真実は違います。

ひじき・昆布・海藻類は、黒色や緑色の外見からか、いかにも髪の毛を黒くするといわれているだけで、残念ながら髪の成長を促したり、髪の色を黒くする作用はありません。

それでは食事は毛髪の健康と関係がないかといわれればそうではありません。

 

食事と髪の健康の関係性

体の細胞が増殖するには、十分なエネルギーと栄養素が必要になってきます。

もし、これらが不足すると、体の成長が妨げられたり、いろいろな臓器に障害が起こります。

また、必要なエネルギーや栄養素が供給されなければ髪の発育が妨げられて、不健康になってしまいます。

栄養素が不足したり、バランスが崩れると髪に悪影響が出てしまいます。

けれど、必要以上に栄養を摂ったからといって、急激に毛髪が発育したり、数が増えることはありません。

つまり、栄養素のバランスの取れた食事をして、体も丈夫で健康な状態であれば、毛髪も順調に成長するのです。

毛髪の細胞は、必要なエネルギーや栄養素を一定のペースで取り組んで、遺伝子に組み込まれたプログラムによって、毛髪作られます。

このプログラムを変える魔法のような食べ物は存在しません。

大切なのは、髪を作るのに必要な栄養素が不足しないよう、バランスの取れた食事を摂ることが一番大事です。

 

丈夫な髪を生やしたいならたんぱく質を摂ろう

毛髪の主成分は、ケラチンというたんぱく質です。

たんぱく質不足は髪を弱らせます。

ケラチンは数十種類のアミノ酸から構成されていて、その中で一番多いのが、含硫アミノ酸の一種である「シチリン」です。

このシチリンは、ほぼ体内で合成することができない必須のアミノ酸です。

つまり、食事から摂らなければいけません。

もしこのシチリンを含むたんぱく質の摂取量が不足すると、毛髪を作る減料が足りないので、髪は細く弱弱しくなってしまいます。

 

シチリンを含む食べ物

シチリンを含むたんぱく質が豊富なのが、豆類や雑穀です。

これらは植物性たんぱく質が豊富で、特に大豆は昔から「畑の肉」と呼ばれるほど、良質のたんぱく質に富んだ食品です。

毎日の食事で積極的に摂りたいものです。

豆乳や、豆腐、納豆、お味噌汁を食べる習慣を取り入れるといいでしょう。

豆類の他には、肉や魚、卵にもたんぱく質が豊富に含まれています。

しかし、食品や部位によっては脂質も多く含まれているので気を付けましょう。

脂肪分の過剰摂取は皮脂腺を重氏して皮脂を過剰に分泌させ、毛根にダメージを与えることになります。

さらに、良質のたんぱく質を摂るだけでは不十分です。

たんぱく質を体の中で有効に利用できる形に変えなければいけません。

その役割を果たすのはビタミンB群で、特にビタミンB6です。

ビタミンB6は、イワシやサバ、サンマなどの青魚とマグロに多く含まれています。

またビタミンB2は、毛髪の成長を促す作用があります。

ビタミンB2は、レバーや納豆、牛乳に多く含まれています。

毛髪の発育には、毛根の血行を促す役割を担う役割を持つのが、ビタミンEです。

黒ごまやアーモンド、ピーナッツに多く含まれています。

ビタミンEは、血管を老化させる過酸化脂肪の生成を抑えたり、過酸化脂肪を分解して血液の流れをスムーズにする働きもあります。

しかし、これらは大量に摂取するものではありません。

普段、バターなどの動物性油脂を使っている場合は、植物性の油に変えるといった程度の心がけで十分でしょう。

髪の毛を増やしたいならするべき!正しい生活習慣まとめ

生活習慣

一見、毛髪と関係なさそうな生活習慣。

実は髪と生活習慣は密接に関わっています。

どういったことに注意すれば髪にいいのでしょうか。

髪を生やすための生活習慣

健康で丈夫な髪の毛を生やすために必要な生活習慣まとめてみました。

普段の生活でできているかどうか、チェックしてみてください。

1、タバコを吸わない

タバコは「百害あって一利なし」と言わざるえません。

タバコに含まれるニコチンは、交換神経を刺激して血管を収縮させます。

そのため、毛根に栄養素やエネルギーを供給する毛細血管の血流が鈍り、頭皮の血行が悪くなります。

そして、毛髪の発育が妨げられてしまうのです。

たばこの害は毛髪だけではなく、全身に及びますので禁煙することをおすすめします。

2、アルコール

毛髪に対してても大きな影響はありませんが、過度の飲酒は全身の健康状態を悪化させて、結果として髪の発育を妨げかねません。

禁酒とまではいいませんが、節度のある飲酒を心がけましょう。

3、汚い部屋にいる

一見、部屋の汚さと髪の健康は関係なさそうにみえますが、部屋が汚れていると頭皮や毛髪に大きな負担を与えます。

室内には衣類の綿ぼこりや抜け毛、食べ残した食物のカス、ダニ、カビといった目に見えない汚れやホコリがたくさんあります。

こうしたホコリが毛髪にまとわりついて、頭皮に付着して皮脂と混ざり合うと、フケを増やしたり、細菌が繁殖して炎症を起こします。

そして、一気に髪の毛は汚れて抜け落ちる原因となります。

毎日洗髪して、頭皮や毛髪の清潔に気をつけていても、室内が汚れていれば、物を動かすたびに、ホコリが舞い上がって髪の毛に付いてしまいます。

そうならないためにも、定期的に部屋の換気と掃除をするようにして、清潔を心がけましょう。

4、運動不足

髪の発育のためには、血行を促進させることが必要です。

そのためには、頭皮のマッサージをしましょう。

朝と夜に行うのがベストですが、朝だけ、夜だけでも大分変わってきます。

体全身を動かせば、頭皮の血行が良くなるだけでなく、全身の血行が良くなります。

運動といっても、激しい運動が必要なわけではありません。

散歩や軽いウォーキング程度で十分です。

今まで車に頼り切っていた方、社会人で運動習慣がない方は、階段を使ったりするなど意識して体を動かすようにすれば、全身の血行が良くなります。

また、運動をすればリラックスしてストレス解消にもなります。

5、ストレスをためない

上記にもあるように運動をしたり、自分が好きなことすることでストレスを解消しましょう。

ストレスにさらされた生活が続くと、交感神経の緊張状態が持続して、血管が収縮し、血流が悪くなります。

ストレス解消して健康な生活を送るようにしましょう。

まとめ

いくつ当てはまっていたでしょうか。

毎日の生活を少し気にかけるだけでも、髪の毛が丈夫に生えてくるようになるので、決してあきらめないでください。

いつまでも黒くしっかりとした髪の毛でいるために、できるかぎりのことをしましょう。

すでに毛母がなくなってしまった状態なら、上記のことをしても髪の毛は生えてきません。

そういった方は、自毛植毛をするなどして髪を増やすようにした方がいいでしょう。

ハゲはモテないキモイ!婚活でも不利の条件として扱われる事実

スキンヘッド

歴史的に見ると、髪型がその人の身分や力を象徴してきました。

男性にとっては、社会的な地位と密接に関わってきたんです。

現代においても、頭髪は、その人の美貌や文化、流行、センス、社会的地位を表す一面があります。

しかし、薄毛になると、自尊心が大きく低下させてしまうことにも繋がってしまいます。

近年は、婚期が遅いと言われていますが、将来、結婚して幸せな家庭を築きたいと願う男性は大勢います。

しかし、毛髪の量は顕著に表れるため、人をより一層老けさせてしまう原因となります。

年を取るにつれて、容姿や体力が衰えてくるのは仕方がないことではありますが、髪の毛はどうにかしたいと思っている人が後をたちません。

男性型の脱毛症の場合は、発祥のピークは20代後半くらいであるという調査もあるほど早期に訪れます。

実際に結婚相手に求める条件をまとめてみました。

ハゲはモテないキモイ!の事実

結婚相手に求める条件として「ハゲでない」が上位にくる調査などもあるほど、毛髪の悩みを抱える方たちへの治療のニーズは大きいです。

一番は内面が大事ですが、内面は付き合ってみないとわかりません。その点において外見がタイプでなければシビアですが、女性は寄ってきません。

まず、顔そして次に髪の毛に目が行きやすいです。

いくら若くても、髪の毛が少なければどうしても老けた印象を与えてしまいがちです。

若い女性が好まれるように、やはり女性も若々しくエネルギッシュな男性を求める人が多いです。

「ハゲ」「チビ」「デブ」この3要素は特に注意が必要です。

婚活でも不利の条件として扱われる事実

ある婚活サイトでは、かつらをかぶっていないのと、かつらをかぶって登録したのとを比べると、かつらをかぶって登録した方が2倍以上の申し込みがあったそうです。

このように女性は見た目を重視していることがわかります。

脱毛症の方では、ウィッグやかつら、植毛といった対策をしている方も少なくないでしょうが、やはり自分の髪の毛を再生させるのが一番いいということに変わりはないでしょう。

そうであっても、いくら育毛剤を使っても満足な結果を得られなかったり、ますます症状が進行したりという経験をしている方も多いのが現状です。

薄毛・抜け毛を気にしている方の多くは、まず育毛剤を選びがちです。けれど実際、育毛剤は効果を感じにくいです。

どうして効果を感じにくいのに、使ってしまうのかというと、それは手軽に手に入るからです。

安物はドラックストアやスーパーで3,000円から5,000円くらいで買えます。

ですが、何本使っても何年経ってもなかなか毛は生えてきません。

いくら安価で買えても、効果がなければ全く意味がありませんよね。

そこで近年、注目されているのが自毛植毛です。自分の毛髪を再生して治療するため、副作用が少ないだけでなく、大きな効果、持続性、早期治療が可能になりました。

頭髪に悩みがある方や、家族や知り合いが頭髪で悩んでいる方がいる方は、気軽にクリニックで相談してみるといいでしょう。

海水で髪を濡らしたらはげる?プール、水道水や塩素は大丈夫か?

はてなマーク

夏は暑いので、プールや海水浴に出かける人も多くなります。

ですがこれらの水は髪の毛にいいのでしょうか。

薄毛で悩んでいる方は、是非とも一読してから出かけてください。

海水で髪を濡らしても大丈夫?

夏の強い日差し、紫外線による肌への影響には敏感でも、髪の日焼け対策はそれほどとられていないようです。

特に海辺は、潮風に含まれる塩分と強い紫外線の影響で、髪は赤茶色に日焼けしてしまいます。
髪についた塩分が脱色と脱水の2つの作用をして、髪の水分や脂分を奪ってしまい、日焼けした髪はパサパサとしてしまいます。

海水が髪に触れただけでもそうですが、潮風に当たっただけでも、出来るだけ早く髪に付着した塩分を洗い落とした方がいいでしょう。

そして保湿効果の高いリンスやトリートメントをして髪に潤いを与える必要があります。

 

プールは髪にいいのか?

それでは、塩分が含まれないプールでの水泳は問題ないかというと、実はこちらは注意が必要なんです。

競泳や飛び込み、水泳選手の髪を見たことがあるでしょうか。

よくよく見ると、カラーリングをしているわけでもないのに、茶色っぽい髪の毛をしています。

これはプールで津ぁ割れている塩素系消毒液による影響を受けたためです。

それから、水中で激しい運動をすることによって、毛髪と水の間に物理的な摩擦が生じてキューティクルが摩擦して完全に失わてしまって、光線透過性が増加して、茶髪に拍車をかけているためです。

近年は、プールの衛生基準が変わって塩素濃度に上限が設けられて、毛髪へのダメージが少なくなっています。

とはいっても、少しでも毛髪への刺激を和らげるには、水泳帽子を着用して、水泳後はきちんとシャワーを浴びることが必要です。

 

水道水なら髪に安全なのか

実は、家庭用の水道水にも消毒用の塩素が含まれています。

不快な臭いがない水は、残留塩素が1リットルあたり1ミリグラム以下という条件を満たす場合とされていますが、水質が良くない地域では、この条件を満たしてないこともあります。

そのため、そういった水道水は多くの塩素が含まれていて、水道水で皮膚が荒れるという話も聞きます。

この問題を解決するために、塩素を除去できるろ過機能を持ったカートリッジ収納シャワーヘッドが販売されています。

使わなかったときと比べて、毛髪への影響が少なくなったという結果も出ています。

カートリッジは数か月ごとに交換が必要である程度費用が必要ですが、毛髪が弱い人は考えてみてもいいかもしれません。

薄毛・はげに悩んだら|正しいヘアケア製品は何か?

ヘアケア製品

ヘアケア製品は沢山ありますが、大き分けて、洗髪のシャンプー、髪の感想を防ぐクリーム、髪の傷み修復のための補修剤、育毛剤があります。

どのような製品を選んだらいいのかわからない方は参考にしてみて下さい。

 

傷んだ髪に必要なこと

頭皮から出ている髪はすでに死んだ細胞です。

パーマやヘアダイ、ブラッシング、ドライヤーの熱によってダメージを受けた場合は、どのヘアケア製品を使っても修復することは不可能です。

ですので、傷んだ部分を切り落として、髪が生え変わるのを待つしか方法はありません。

ヘアケア製品によって、多少手当てができたとしても、その作用は洗髪をすれば落ちてしまいます。

できるだけ、パーマやヘアダイ、ブラッシング、ドライヤーの熱で髪を傷めないように気を付けましょう。

 

ヘアクリームの効果

髪の感想を助けるヘアケア製品にヘアクリームがあります。

ヘアクリームは、その油性成分が毛髪に艶を与える効果があるので、ヘアケア製品として長く使われています。

最近ではムースやヘアフォームといったヘアスタイリング剤の中に、同じ油性成分や保湿成分を配合したタイプが売られています。

また、紫外線防止剤を含んだヘアケア製品も発売されており、紫外線によって毛髪がダメージを受けるのを防ぐ効果が期待されています。

 

枝毛が気になる場合のヘアケア製品

髪の痛みに補修剤が市販されています。

これは、シリコンなどで一時的に髪の表面の滑りをよくするもので枝毛そのものを治すわけではありません。

一度傷んだ髪は切ること以外は修復しませんので、髪にダメージを与える原因を取り除かない限り、髪の痛みは止まりません。

 

育毛剤・養毛剤の効果

これらはいずれも毛根の血行を促進する作用のある成分が用いられています。

それによって、毛母や毛乳頭に栄養分を行きわたらせ、発毛を働きかけようという製品です。

毛根の皮脂を取り除いたり、抜け毛の原因である男性ホルモンの働きを抑制したりするタイプもありますが、毛根への働きかけの仕組みが違うだけで、毛根の働きを促して発毛を助けるという考え方は一緒です。

育毛剤。養毛剤は、頭皮にふりかけるだけでなく、必ず頭皮マッサージをしてもみこんで、毛根部に浸透させるようにしましょう。

そうすることで、血行が促進されます。

ただ、注意が必要なのは、育毛剤・養毛剤の効果が期待されるのは、毛母が残っている場合です。

残っている場合は、休止期の毛母や毛乳頭に働きかけて、約半年間かけて育毛を促します。

けれど、毛母が残っていない場合は、いくら熱心に育毛剤や養毛剤を使用しても発毛することがありません。

育毛剤も養毛剤も高価ですので、使用してから半年を目安にして抜け毛が減ったり、硬毛が濃くなる、髪にコシが出る、軟毛が伸びたり濃くなったりするなどの変化が見られないときは、使用を中止したほうがいいでしょう。。

白髪を見つけたら抜く方がいい?それとも抜かない方がいい?

髪を気にする男性

年々増えつづける白髪に悩んでいませんか?

日本人は黒髪か茶髪の人が多いので、白髪があると目立ってしまいます。

白髪はどうしても見た目が老けて見えてしまうので、白髪染めや抜いたり切ってしまう場合が多いですが、どうするのが一番いいのでしょうか。

白髪は抜くのがいいのか抜かない方がいいのか

白髪が目に付くと、エイッと抜いてしまう人も少なくありません。

通常、髪の毛は同じ毛穴から2~3本生えているので、成長期ある白髪を1本抜いた場合は、その毛穴にまた白髪が生えてきてしまいます。

そのため、いくら白髪を抜いて減らそうと考えても、結局白髪は減ることはありません。

逆に白髪を抜くと数が増えるということもありません。

白髪はメラノサイトがメラニン色素を作れなくなってしまうために発生します。

加齢による白髪は、メラニン色素を作れなくなる毛包数の増加に伴って徐々に増えていき、たまに白髪を抜くくらいでは増加を防ぐことはできません。

そのためたま、結果として白髪を抜いたために数が増加したように見えてしまいます。

けれど現実は白髪を抜いたからといって、白髪の数は増えることはないです。

また、1本の白髪を抜いても、その周りの毛髪のメラノサイトに影響が及ぶこともありません。

 

白髪を抜くことで起こる問題

抜くことで白髪が増えたり、周りの髪に影響がないのはわかりました。

けれど、抜くことでいくつかの問題が発生します。

1つは、白髪を抜くことによって毛根の形状が変わり、次に生えてくる白髪がカーブしたり波状になることです。

そうなると、黒髪の中で以前よりもその白髪が目立ってしまいます。

2つ目は、同じ部分の白髪を繰り返し抜くと、毛根に無理な力を加えて傷めてしまい、髪が生えてこなくなる恐れがあることです。

白髪は老化によるものもあれば、再び黒い髪に戻る可能性があるものもあります。

ですので、繰り返し抜くことで毛根を傷めて、髪が生えてこなくなりよりは、黒く戻る可能性にかけた方がいいでしょう。

 

抜いたりするよりもカラーがおすすめ

白髪がどうしても気になる場合は、抜いたりするよりもカラーリングをする方がいいです。

色素の抜けた髪は、染毛剤で染まりやすいというメリットがあります。

ただ、カラーリングも頭皮には良くないですから、トラブルにならないように気をつけて、なるべく期間をあけて染めるようにしましょう。

 

一夜にして白髪になることはあるのか?

非常に強いストレスやショックを受けると、一夜にして髪の毛が真っ白になるという話があります。

しかしこれは医学的にも全く起こりえない現象ではないんです。

元々黒髪と白髪が混ざっている人が、円形脱毛症を発症すると、黒髪だけが抜け落ちて白髪が残ることがあります。

脱毛の範囲が大きければ白髪が残る面積も広がって、余計に白髪が目立つのです。

いずれにせよ、白髪は毛根が丈夫な髪の毛ですから抜かない方がいいでしょう。

増え続ける白髪|白髪になる原因と対策

白髪頭

増え続ける白髪に悩んでいる人も多いのでしょうか。

昔は黒黒とした髪の毛だったのに、白髪は目立ちますよね。

年齢だと諦めようとしても、同期は黒い健康の髪を持っていると羨ましくてしかたありません。

どうして白髪頭の人と黒髪の人がいるのでしょうか。

早速その謎を解いてきましょう。

若白髪と加齢

日本人は持って生まれた髪の毛の色は、黒か焦げ茶です。

そのため白髪が少しでもあれば目立ってしまいます。

普通は加齢に伴って、30代後半から50代にかけて始まり、60歳を過ぎることから目立ってきます。

しかし、白髪は個人差が大きく、早い人で20代、30代前半でも多くなってくる人もいます。

これは若白髪と呼ばれます。

若白髪に悩む人もいるのに、60歳を過ぎても白髪が目立たない人もいるように、いつなるかはバラバラです。

老人性脱毛症に対しても若はげがあるのと同じように多くは遺伝的な要因が関係しています。

髪の色はメラニンによってかわる

もともと髪の毛の色を決定するのは、毛髪に含まれるメラニン色素です。

毛髪を生み出す毛母にはメラノサイトと呼ばれる色素細胞があって、これによってつくられるメラニン色素が毛母細胞に取り込まれ、毛母細胞が分裂して毛髪に変化する過程で色が付きます。

ただ、メラノサイトがメラニン色素を作るときには、チロシナーゼという酵素の働きが欠かせません。

このチロシナーゼは加齢とともに新陳代謝が衰えると減ってくるので、年を取るとメラノサイトはメラニン色素を作れなくなり、白髪が発生するのです。

若白髪の原因と対策

このように若白髪は何らからの原因によって、メラノサイトがメラニン色素を作れなくなった結果であると考えられています。

これは遺伝的なものなのか、血行不良やホルモンの分泌異常によるものかはわかっていません。

その他に、栄養素の偏った食生活、食品添加物の多い市販食品の摂取、過剰なストレス、昼と夜の逆転の不規則な生活、睡眠不足、喫煙などさまざまな要因が指摘されています。

また、胃腸障害や貧血、環状線機能症の疾患、がんによる放射線療法によって白髪が増えることもあります。

これらは、廊下によって白髪が元に戻ることがないのと違って、疾患が治療したらまた黒い髪に戻ることがあります。

ですので、こうした疾患による白髪対策としてはまず、疾患を治すことが黒髪になる近道となります。

対して、老化による白髪や若白髪についてはまだそのメカニズムが明らかになっておらず、その予防法や治療法は見つかっていません。

今後、色素細胞についての研究が進めば、老化による白髪や若白髪を食い止める方法が開発されるかもしれません。

白髪頭はどうしても、年齢を感じさせてしまうので、早く見つかって欲しいですね。

【女性の薄毛】女性ホルモンによる脱毛と対策

考える女性

女性は男性よりも禿げにくい傾向がありますが、実は薄毛や円形脱毛症で悩む人少なくもありません。

髪は女性ホルモンと深い関わりがあります。

どのような関係が見ていきましょう。

女性ホルモンとヘアサイクルの関係性

女性ホルモンは、毛細血管を拡張させて毛髪の成長を促す働きがあります。

そのため、毛髪の成長期は延びヘアサイクルは長くなります。

妊娠中は女性ホルモンの分泌量が増えるので、ヘアサイクルは長くなって抜け毛が減ります。

しかし、秀っ産後はホルモンのバランスが本に戻り、それまで延ばされていた毛髪は一気に休止期を迎えるため、抜け毛の量が増えます。

この事を知らないでいると、出産後に一度に沢山の毛が抜けてしまい、脱毛症になってしまったと悩んでクリニックに訪れる女性もいますが、これは病気ではないので安心しましょう。

こうした脱毛は出産後半年近く続くことになります。

出産によるホルモンの変化が一時的に影響を与えたものなので、普通は徐々に回復して半年から1年くらいで元に戻っていきます。

女性ホルモンとピルと脱毛の関係性

ピルを服用している場合も同様です。

ピルは卵巣ホルモンによって排卵をストップさせる避妊薬です。

体は人工的に妊娠中と一緒の状態になるので、服用中は妊娠中と同じように毛髪の成長期が延びてヘアサイクルが長くなり、抜け毛減ります。

しかし、服用を中止すると出産後度と同様に脱毛が起こります。

今は、低用量のピルもあるので、こうしたピル服用中止後の脱毛症は減ってきています。

生活習慣が脱毛の原因となる|脱毛を防ぐ生活習慣対策

反対する医者

私たちが普段何気なく過ごしている生活が、実は脱毛の原因になっているとしたらショックですよね。

どんなことが髪に良くないのか、今すぐこちらを読んで見直してみてください。

 

生活習慣が招く脱毛

1、過激なダイエット

過激なダイエットをすると、からだは栄養バランスが崩れてしまいます。

毛髪の原料は”たんぱく質”です。

ですので、たんぱく質が欠乏すると、毛髪は細く弱弱しくなります。

また、毛母細胞は、絶えず分裂を繰り返しているため十分な栄養が必要ですが、栄養状態が悪くなると、新陳代謝が滞り毛根が作られなくなってしまいます。

2、喫煙

喫煙は、血管を収縮させる働きがあります。

そのため血行が悪くなり、必要な栄養が十分毛母細胞へ行きわたらなくなり、髪は衰えて抜けやすくなります。

代謝障害や栄養障害に伴う脱毛症

代表的なものは亜鉛欠乏症候群です。

遺伝的なものは、離乳期から始まって、症状としては下痢や赤い湿疹が顔や頭に出ます。

そして、頭髪や眉毛、まつ毛が抜けていきます。

後天的な亜鉛欠乏症候群は、母乳に含まれる亜鉛が不足していた場合や、アルコール依存、消化器の切除などが原因で起こります。

亜鉛欠乏症の場合は、病院に通い亜鉛剤をもらったり、亜鉛が多く含まれる食材である、牡蠣、あわびといった貝類やレバー、牛肉、アーモンド、落花生、豆腐などを積極的に食べるといいでしょう。

脱毛を防ぐ生活習慣対策

艶があり丈夫な髪を取り戻したいなら、過激なダイエットや喫煙はすぐに止めましょう。

一度髪を失うと、次に生えてくるのには時間がかかります。

髪が薄いとどうしても貧相に見えてしまいます。

そうなると体だけでなく、心も不健康な状態になってしまうでしょう。

では、どうすればいいかというと、ダイエットや喫煙の代わりに、たんぱく質を多く含む肉を摂取して、他にも魚、卵、フルーツを取り入れたバランスの良い食事を摂ることです。

それから適度な運動、十分な睡眠、趣味を謳歌してストレスのない生活を送ることで、生き生きとして髪が生えてくるようになります。

ヘルメットやかつら、帽子で薄毛になるというのは本当か?

かつら

仕事でヘルメットをかぶらなければいけない人、よく帽子をかぶる人、かつらをしている人は、薄毛になるかどうか気になっている人も多いのではないでしょうか。

もし、薄毛になるのなら何かしらの対策が必要です。

それぞれ比べてみました。

ヘルメットやかつら、帽子は薄毛になることがある

結論から言うと、これらは薄毛になる可能性があります。

可能性であって必ずではないので安心してください。

では、どのようなときが薄毛になるかというと、これらが頭皮を圧迫している場合です。

頭皮はヘルメットやかつら、帽子できつく圧迫されると、毛乳頭への血流がストップして、休止期にある毛髪が抜けてしまいます。

原因は、逸事的なもののため、これらをしないでいると、ヘアサイクルは元に戻り、数か月後には自然に治ります。

しかし、圧迫の時間が長くなれば、成長期の毛髪まで抜け落ちてしまいます。

そうなると、回復するまで時間が長くなってしまうので注意が必要です。

 

ヘルメットやかつら、帽子で薄毛になった場合の対策

ヘルメットは仕事でどうしてもかぶらなければいけないこともあるので、その場合は少し緩めにして頭皮を圧迫しないように心がけるだけでも全然違います。

かつらは緩めると落ちたり、ずれたりすることもあるので、心配でしかたないでしょう。

この場合は思い切って自毛植毛してみるといいかもしれません。

自毛植毛は1度してしまえば、手入れ不要で半永久髪が増え続けるので、とっても楽です。

帽子はヘルメットやかつらと比べて頭皮を圧迫するわけではありませんが、頭皮が蒸れて毛根の固着力が弱くなり、抜け毛が増えることがあります。

帽子は、直射日光を防ぎ、紫外線もカバーしてくれるので大事ですが、蒸し暑い日に帽子をするのは避けた方がいいでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。