1. ホーム
  2. 自毛植毛の体験談
  3. ≫子供でも発症する円形脱毛症の原因と治療方法

子供でも発症する円形脱毛症の原因と治療方法

頭を抱える子供

大人だけでなく子供でも発症することがある円形脱毛症という10円玉くらいのハゲが出来る症例が近年増えてきています。

子供の場合は、学校で友達にからかわれたり、いじめにつながることもあるため苦痛に感じる危険があります。

時間が経過するにつれて、自然に治ることもありますが、精神的ストレスを抱えて悪化することもあるため、早く治療して、精神的な苦痛を取り除くのが望ましいでしょう。

子供の円形脱毛症にかかる治療期間

子供の円形脱毛症を発見したら、すぐさま治したいのはわかりますが、治るのには早くとも1年は見ておいた方がいいでしょう。

短期的な治療が望ましいですが、なかなか思うようにいかなくてさらなるストレスとなっては本末転倒です。

子供の円形脱毛症の約80%が1年以内には、治療の効果を感じていますので、焦らずゆっくり治すのが理想的です。

 

大切なのは家族のサポート

3人家族

子供が円形脱毛症になった場合、家族のサポートは必要不可欠です。

家族も苦しいのはわかりますが、何よりも子供自身が一番傷ついていますので、気持ちに寄り添ってあげてください。

一緒にクリニックへいって治療の原因を探したり、円形脱毛部分が多ければ、人目が気になりますので、子供用のかつら(ウィッグ)を買い求めるなどしてあげましょう。

あくまで本人がどうしたいのか、じっくりと話を聞いて押し付けないことがポイントです。

子供は親の期待を裏切りたくないですし、迷惑をかけたくないと思って「良い子」になりがちです。

「円形脱毛症は恥ずかしくないよ」「安心してね」と何でも悩みを共感できる関係を築きましょう。

 

子供の自毛植毛は珍しい事ではない

小さな子供に自毛植毛をするというのは、実は珍しい事ではありません。

10歳以下の子どもでも多くの経験者がいます。

子供の場合は、学校生活が一番大きな問題です。

もし円形脱毛症が原因でいじめにも発展したら、子供の今度の人生がガラッと変わってきます。

そうならないためにも、親が早急に気が付いて一緒にクリニックに付き添って不安を取り除いてあげましょう。

子供のうちは髪の毛が丈夫でしっかりしていますので、定着が早く自毛植毛にむいています。

春休みや夏休みなど長い休みがあるのでチャンスでです。こうした長期休暇を利用してクリニックへ訪れることで、友達にもママ友にも知られずに治療に専念できます。