1. ホーム
  2. 自毛植毛の基礎知識
  3. ≫【女性の薄毛】女性ホルモンによる脱毛と対策

【女性の薄毛】女性ホルモンによる脱毛と対策

考える女性

女性は男性よりも禿げにくい傾向がありますが、実は薄毛や円形脱毛症で悩む人少なくもありません。

髪は女性ホルモンと深い関わりがあります。

どのような関係が見ていきましょう。

女性ホルモンとヘアサイクルの関係性

女性ホルモンは、毛細血管を拡張させて毛髪の成長を促す働きがあります。

そのため、毛髪の成長期は延びヘアサイクルは長くなります。

妊娠中は女性ホルモンの分泌量が増えるので、ヘアサイクルは長くなって抜け毛が減ります。

しかし、秀っ産後はホルモンのバランスが本に戻り、それまで延ばされていた毛髪は一気に休止期を迎えるため、抜け毛の量が増えます。

この事を知らないでいると、出産後に一度に沢山の毛が抜けてしまい、脱毛症になってしまったと悩んでクリニックに訪れる女性もいますが、これは病気ではないので安心しましょう。

こうした脱毛は出産後半年近く続くことになります。

出産によるホルモンの変化が一時的に影響を与えたものなので、普通は徐々に回復して半年から1年くらいで元に戻っていきます。

女性ホルモンとピルと脱毛の関係性

ピルを服用している場合も同様です。

ピルは卵巣ホルモンによって排卵をストップさせる避妊薬です。

体は人工的に妊娠中と一緒の状態になるので、服用中は妊娠中と同じように毛髪の成長期が延びてヘアサイクルが長くなり、抜け毛減ります。

しかし、服用を中止すると出産後度と同様に脱毛が起こります。

今は、低用量のピルもあるので、こうしたピル服用中止後の脱毛症は減ってきています。