1. ホーム
  2. 自毛植毛の基礎知識
  3. ≫白髪を見つけたら抜く方がいい?それとも抜かない方がいい?

白髪を見つけたら抜く方がいい?それとも抜かない方がいい?

髪を気にする男性

年々増えつづける白髪に悩んでいませんか?

日本人は黒髪か茶髪の人が多いので、白髪があると目立ってしまいます。

白髪はどうしても見た目が老けて見えてしまうので、白髪染めや抜いたり切ってしまう場合が多いですが、どうするのが一番いいのでしょうか。

白髪は抜くのがいいのか抜かない方がいいのか

白髪が目に付くと、エイッと抜いてしまう人も少なくありません。

通常、髪の毛は同じ毛穴から2~3本生えているので、成長期ある白髪を1本抜いた場合は、その毛穴にまた白髪が生えてきてしまいます。

そのため、いくら白髪を抜いて減らそうと考えても、結局白髪は減ることはありません。

逆に白髪を抜くと数が増えるということもありません。

白髪はメラノサイトがメラニン色素を作れなくなってしまうために発生します。

加齢による白髪は、メラニン色素を作れなくなる毛包数の増加に伴って徐々に増えていき、たまに白髪を抜くくらいでは増加を防ぐことはできません。

そのためたま、結果として白髪を抜いたために数が増加したように見えてしまいます。

けれど現実は白髪を抜いたからといって、白髪の数は増えることはないです。

また、1本の白髪を抜いても、その周りの毛髪のメラノサイトに影響が及ぶこともありません。

 

白髪を抜くことで起こる問題

抜くことで白髪が増えたり、周りの髪に影響がないのはわかりました。

けれど、抜くことでいくつかの問題が発生します。

1つは、白髪を抜くことによって毛根の形状が変わり、次に生えてくる白髪がカーブしたり波状になることです。

そうなると、黒髪の中で以前よりもその白髪が目立ってしまいます。

2つ目は、同じ部分の白髪を繰り返し抜くと、毛根に無理な力を加えて傷めてしまい、髪が生えてこなくなる恐れがあることです。

白髪は老化によるものもあれば、再び黒い髪に戻る可能性があるものもあります。

ですので、繰り返し抜くことで毛根を傷めて、髪が生えてこなくなりよりは、黒く戻る可能性にかけた方がいいでしょう。

 

抜いたりするよりもカラーがおすすめ

白髪がどうしても気になる場合は、抜いたりするよりもカラーリングをする方がいいです。

色素の抜けた髪は、染毛剤で染まりやすいというメリットがあります。

ただ、カラーリングも頭皮には良くないですから、トラブルにならないように気をつけて、なるべく期間をあけて染めるようにしましょう。

 

一夜にして白髪になることはあるのか?

非常に強いストレスやショックを受けると、一夜にして髪の毛が真っ白になるという話があります。

しかしこれは医学的にも全く起こりえない現象ではないんです。

元々黒髪と白髪が混ざっている人が、円形脱毛症を発症すると、黒髪だけが抜け落ちて白髪が残ることがあります。

脱毛の範囲が大きければ白髪が残る面積も広がって、余計に白髪が目立つのです。

いずれにせよ、白髪は毛根が丈夫な髪の毛ですから抜かない方がいいでしょう。