1. ホーム
  2. 自毛植毛の基礎知識
  3. ≫増え続ける白髪|白髪になる原因と対策

増え続ける白髪|白髪になる原因と対策

白髪頭

増え続ける白髪に悩んでいる人も多いのでしょうか。

昔は黒黒とした髪の毛だったのに、白髪は目立ちますよね。

年齢だと諦めようとしても、同期は黒い健康の髪を持っていると羨ましくてしかたありません。

どうして白髪頭の人と黒髪の人がいるのでしょうか。

早速その謎を解いてきましょう。

若白髪と加齢

日本人は持って生まれた髪の毛の色は、黒か焦げ茶です。

そのため白髪が少しでもあれば目立ってしまいます。

普通は加齢に伴って、30代後半から50代にかけて始まり、60歳を過ぎることから目立ってきます。

しかし、白髪は個人差が大きく、早い人で20代、30代前半でも多くなってくる人もいます。

これは若白髪と呼ばれます。

若白髪に悩む人もいるのに、60歳を過ぎても白髪が目立たない人もいるように、いつなるかはバラバラです。

老人性脱毛症に対しても若はげがあるのと同じように多くは遺伝的な要因が関係しています。

髪の色はメラニンによってかわる

もともと髪の毛の色を決定するのは、毛髪に含まれるメラニン色素です。

毛髪を生み出す毛母にはメラノサイトと呼ばれる色素細胞があって、これによってつくられるメラニン色素が毛母細胞に取り込まれ、毛母細胞が分裂して毛髪に変化する過程で色が付きます。

ただ、メラノサイトがメラニン色素を作るときには、チロシナーゼという酵素の働きが欠かせません。

このチロシナーゼは加齢とともに新陳代謝が衰えると減ってくるので、年を取るとメラノサイトはメラニン色素を作れなくなり、白髪が発生するのです。

若白髪の原因と対策

このように若白髪は何らからの原因によって、メラノサイトがメラニン色素を作れなくなった結果であると考えられています。

これは遺伝的なものなのか、血行不良やホルモンの分泌異常によるものかはわかっていません。

その他に、栄養素の偏った食生活、食品添加物の多い市販食品の摂取、過剰なストレス、昼と夜の逆転の不規則な生活、睡眠不足、喫煙などさまざまな要因が指摘されています。

また、胃腸障害や貧血、環状線機能症の疾患、がんによる放射線療法によって白髪が増えることもあります。

これらは、廊下によって白髪が元に戻ることがないのと違って、疾患が治療したらまた黒い髪に戻ることがあります。

ですので、こうした疾患による白髪対策としてはまず、疾患を治すことが黒髪になる近道となります。

対して、老化による白髪や若白髪についてはまだそのメカニズムが明らかになっておらず、その予防法や治療法は見つかっていません。

今後、色素細胞についての研究が進めば、老化による白髪や若白髪を食い止める方法が開発されるかもしれません。

白髪頭はどうしても、年齢を感じさせてしまうので、早く見つかって欲しいですね。