1. ホーム
  2. 自毛植毛の基礎知識
  3. ≫海水で髪を濡らしたらはげる?プール、水道水や塩素は大丈夫か?

海水で髪を濡らしたらはげる?プール、水道水や塩素は大丈夫か?

はてなマーク

夏は暑いので、プールや海水浴に出かける人も多くなります。

ですがこれらの水は髪の毛にいいのでしょうか。

薄毛で悩んでいる方は、是非とも一読してから出かけてください。

海水で髪を濡らしても大丈夫?

夏の強い日差し、紫外線による肌への影響には敏感でも、髪の日焼け対策はそれほどとられていないようです。

特に海辺は、潮風に含まれる塩分と強い紫外線の影響で、髪は赤茶色に日焼けしてしまいます。
髪についた塩分が脱色と脱水の2つの作用をして、髪の水分や脂分を奪ってしまい、日焼けした髪はパサパサとしてしまいます。

海水が髪に触れただけでもそうですが、潮風に当たっただけでも、出来るだけ早く髪に付着した塩分を洗い落とした方がいいでしょう。

そして保湿効果の高いリンスやトリートメントをして髪に潤いを与える必要があります。

 

プールは髪にいいのか?

それでは、塩分が含まれないプールでの水泳は問題ないかというと、実はこちらは注意が必要なんです。

競泳や飛び込み、水泳選手の髪を見たことがあるでしょうか。

よくよく見ると、カラーリングをしているわけでもないのに、茶色っぽい髪の毛をしています。

これはプールで津ぁ割れている塩素系消毒液による影響を受けたためです。

それから、水中で激しい運動をすることによって、毛髪と水の間に物理的な摩擦が生じてキューティクルが摩擦して完全に失わてしまって、光線透過性が増加して、茶髪に拍車をかけているためです。

近年は、プールの衛生基準が変わって塩素濃度に上限が設けられて、毛髪へのダメージが少なくなっています。

とはいっても、少しでも毛髪への刺激を和らげるには、水泳帽子を着用して、水泳後はきちんとシャワーを浴びることが必要です。

 

水道水なら髪に安全なのか

実は、家庭用の水道水にも消毒用の塩素が含まれています。

不快な臭いがない水は、残留塩素が1リットルあたり1ミリグラム以下という条件を満たす場合とされていますが、水質が良くない地域では、この条件を満たしてないこともあります。

そのため、そういった水道水は多くの塩素が含まれていて、水道水で皮膚が荒れるという話も聞きます。

この問題を解決するために、塩素を除去できるろ過機能を持ったカートリッジ収納シャワーヘッドが販売されています。

使わなかったときと比べて、毛髪への影響が少なくなったという結果も出ています。

カートリッジは数か月ごとに交換が必要である程度費用が必要ですが、毛髪が弱い人は考えてみてもいいかもしれません。

自毛植毛の基礎知識 コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。