1. ホーム
  2. 自毛植毛の体験談
  3. ≫若年から発症する脱毛症|中学生・高校生・大学生で薄毛になった場合の治療法

若年から発症する脱毛症|中学生・高校生・大学生で薄毛になった場合の治療法

悩む男性

一般的に成人男性の3人に1人ぐらいが若禿げ(男性型脱毛症)の悩みを抱えているといわれています。

詳細なデータはありませんが、普段生活していても体感できるためほぼ間違いないでしょう。

この若ハゲは、早い人では10代後半から20代にかけて発症することが多く、何も治療をしないと症状はますます進行していきます。

脱毛症が発症したとしても、ほとんどは年齢と主に症状は進行していきます。

ですので、早く治療をすればそれだけ「治療効果が高くなる」「治療期間が短くて済む」「治療費が少なくて済む」というメリットがあります。

思い立ったが吉日、なるべく早期の治療が望ましいのは確かになります。

中学生・高校生・大学生で薄毛になった場合、治療は受けられるのか?

中学生・高校生・大学生でも治療を受けられるか心配している方もいらっしゃると思いますが、結論からいうと中学生・高校生・大学生も治療は受けられますので安心してください。

20歳以下ですと、親の承諾さえあれば治療は可能です。

実はサラリーマンよりも学生の方が治療に有利なんです。

それは、学生には長期の休みがあるからです。長い休みの間に治療が終われば、誰にも知られずに薄毛から解放されます。

今は自然な形で治療ができるので、バレることがありません。

薄毛を気にしてウィッグやかつらを使用している人もいますが、学生の内はスポーツをしたりプールや海に行ったりと、何かと頭を動かすことが多いので、いつか周りに知られてしまうのではないかという不安から解消されます。

中学生・高校生・大学生で薄毛になった場合の治療法

治療方法としては、フェナステリドなどの薬学的療法や自毛植毛などがあります。

クリニックではあなたにあった治療方法を一緒に考え勧めてくれるので、副作用が怖い、傷痕が残らないか不安という悩みを解決してくれます。

よくテレビや雑誌では、ヘアサロンを勧めているところがありますが、脱毛症はヘアサロンよりもクリニックの方が早く的確な処置をしてくれます。

というのもヘアサロンでは医療的な治療をすることが出来ないからです。

クリニックは敷地が高くて入りにくいと思う方もいますが、実際行ってみるとプライバシーもしっかりと守ってくれているので、誰にも知られることなく治療ができます。

カウンセリングは無料で行っているので、まず話を聞いてみて自分の症状を知ることから始めてみましょう。

クリニックの中には、無料体験(モニター)をしているところもあるので、治療にかかる費用を少しでも抑えたい人は応募してみるといいでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。